夢だったはずの一戸建てが後悔の種に…

買いたい

2018.12.06 UP

夢に描いていたのは、庭付きの一戸建てで家族がにぎやかにバーベキューをしている姿。のはずだったのだが、それが後悔の種になるなんて購入する時には思いもしなかったことでしょう。ライフプランが甘かったのか、立地が原因か、建物の原因かそれは家庭それぞれでしょう。それでは、今回は新築一戸建てが後悔の原因になったお話をしてみましょう。

■後悔の原因は様々

新築一戸建てを購入するにあたり、目にいきがちなのがローンのことでしょう。しかし、後悔で一番多い原因は「建物」です。

それは、建物の間取りだったり、品質・デザインなど建物に関しては時が過ぎていくほど、使い込んでいくほどに後悔が生じてくるものです。

・トイレが2階にもあれば
・フローリングの色はもう少し薄目が良かった
・アイランド型キッチンにしたかった。

というふうに、特に分譲住宅で購入した場合に起こりがちなのですが、隣の芝生は青いというように、お隣の壁面の方が今っぽくて良いなんて言い出したらキリがありません。

■解消困難な立地の後悔

しかし、建物ならリフォームで何とかすることもできるのでしょうが「立地」に関しては、大きな問題といえるでしょう。

人生の中で、何度も一戸建てを購入する人はほとんどいないでしょう。だから、絶対に失敗したくない。しかし、慣れないがゆえに購入後に後悔をする方も意外と多いものです。

不動産広告で表示されている駅までの徒歩時間は、単純に80m/分で算出されたものですが、途中の坂道や信号、遮断機などの待ち時間は考慮されていません。

また、通勤時間に合わせて物件を見にいく人も、なかなかいないので、通勤時間には車通りが多くて危ない。その他、夜間には照明がないところあり、子供をひとりであるかせられない、駅まで道が狭すぎて車で迎えにいけないなんてことも、住んでみなければわからないことが多いのです。

■いきなりやってくる想定外の後悔

また、中古住宅を取り壊した時の産廃を土地の下に埋めて、新築一戸建てを建てている販売業者の話もあるので、将来産廃が腐って地盤沈下する可能性のある物件もあります。

■お金の問題は想定内であったが悪化してしまった。

そして、3番目の後悔の原因としてあげられるのがお金の問題です。ライフプランもなく、頭金無しの住宅ローンで新築一戸建てを購入すると、将来的に発生することが予想されるイベントなどを把握していないことから、ローンを支払いながら、子供の教育資金が補えない、親の介護に回す費用がない、住宅の維持費・修繕費が出せないなんてこともあるのです。そのような時に、この家を購入してなければ…と後悔の念が押し寄せてきます。

■まとめ

一戸建てを購入してうれしいという人も、もちろんいらっしゃいますが、後悔している人もいるのは事実です。それが、大きな後悔なのか、小さな後悔なのかはその家庭・人それぞれによって異なってきます。もし、住宅を購入して、ライフスタイルが変わることにより後悔をしているということであれば、売りに出してもいいのではないでしょうか。

住宅を売りたいとお考えの時には、株式会社東宝ハウス浦和でサポートします。お気軽にご連絡ください。