今が旬!くわいを食べよう

浦和の暮らし

2020.01.13 UP

「くわい」という野菜をご存じですか?あまりメジャーな野菜ではありませんが、血圧の上昇を抑える働きもあり、高血圧の予防や、筋肉の収縮をスムーズにする働きがあるとされるカリウムが豊富なのです。

実は、埼玉県はくわいの産地。広島県に次いで全国2位の生産量を誇っており、特に、さいたま市の緑区や岩槻区で多く作られているのです。

くわいは、大きく長い芽をつけた姿から、「めでたい」「芽が出る」などとされており、、おめでたい縁起物とされています。そのため、昔はお正月のおせち料理でもくわいを食べていたように、くわいの旬はまさに今!冬なのです。

くわいは煮物が有名ですが、さいたま市の公式サイトを見ると、「くわいのしゅうまい」「くわいのおろし揚げ」「「くわいご飯」「くわいと黒ゴマのペペロンチーノ」などが紹介されており、なかでも、、「くわいのしゅうまい」は、歯ごたえにアクセントが出てかなり美味しくおすすめです。

ほんのり苦みが口に広がるくわいは、まさに大人の味。料理にアクセントを加えるのにちょうどよいのです。

さいたま市内では、浦和区領家にあるJAさいたま木崎ぐるめ米ランドや、岩槻区にあるJA南彩岩槻農産物直売所「あさつゆの里」などで撮れたてのくわいが買えますので是非ご賞味してみてください。

さいたま市浦和区領家  最寄駅:JR北浦和駅東口から徒歩15分