紙幣ができるまで工場見学~造幣局さいたま支局工場見学

浦和の暮らし

2020.02.04 UP

最近、工場見学が子どもにも大人にも大人気ですよね。

埼玉にも浦和だったらロッテ浦和工場が、埼玉県内にはガリガリ君でお馴染みな赤城乳業(深谷)の工場見学が人気ですが、知る人ぞ知る穴場的な工場見学が、さいたま新都心にある「貨幣局の工場見学」。

さいたま新都心には、紙幣を作る造幣局さいたま支局があり、そこには博物館と更に紙幣を作る工場見学ができるのです。

工場見学の受付時間は、午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)で、予約の必要はなく、しかも無料で見学可能なのです。 午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
※業務の都合により見学できない場合があります。

また、博物館では、土・日曜日、祝日の休日開館時において10時30分、13時30分と15時に博物館展示室のガイドツアーもあるので、日々使っている身近な紙幣ができるまで、紙幣など貨幣の歴史を知ることができるのです。

キャッシュレス化が進んでいる今でもやはり紙幣はとても身近なもの。どこも工場見学は人気で、今のうちから夏休みの予約を取り始めるというので、今夏の子どもの夏休みの宿題向けで造幣局(さいたま支局)の工場見学はどうでしょうか。


良い経験ができそうですよね!

さいたま市大宮区北袋町  最寄駅:JRさいたま新都心駅から徒歩10分