暑いとカレーを食べたくなる!?そんなときはとことん本場のカレー

浦和の暮らし

2020.06.10 UP

早くも梅雨がまだっていうのに、30度を超える日が続き、今年は特にマスクを着けないといけないので、マスク熱中症という別の問題も出てきて本当に大変ですよね。

暑くなると無性にカレーを食べたくなる人多くないでしょうか。

本能的に暑くなるとカレーを食べたくなるものですが、実はしっかりとした理由があったのです。

まず、辛い物を食べると汗が出ますよね。汗によって熱くなった体を冷やす効果があるのです。また、カレーに含まれるスパイスには、健胃作用や食欲増進、消化促進の効能があり、更には野菜やご飯をはじめ、お肉もしくはシーフードなど栄養もたっぷりなのです。

つまり、暑くなるとカレーが食べたくなるのは人間の身体がよくできている証拠といえます。

そんなカレーですが、どうせなら本場のカレーを食べませんか?

カレーの本場といえばインド!と答える人も多いでしょうが、お隣のスリランカも負けてはいません。

スリランカカレーを堪能できるカフェが浦和駅の近くにあります。

カフェ「カフェ&バー胡蝶」の名物がズバリ、スリランカカレー。

数種類のカレーが楽しめるスリランカプレートもあり、汗たっぷりかいて夏を体感しましょう。

しかも、名物がスリランカカレーのお店とは思えないほど、生姜焼きやからあげ、焼き魚などの和食メニューもありますよ。

さいたま市浦和区仲町  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩5分