県内移動で江戸情緒を味わう~川越への小旅行はどうでしょう

浦和の暮らし

2020.07.07 UP

間もなく子どもたちにとって夏休み、しかし今年はコロナの影響で、だいたい2週間くらいでいつもの半分くらい。宿題もたんまり出るでしょうから、あっという間に過ぎていくかもしれませんね。

また、まだまだコロナの感染は広がっていますし、海外旅行はおろか、県をまたぐ旅行もちゅうちしてしまいますよね。

そこで、地元の良さを改めて見直すのも悪くないのではないでしょうか。

浦和から電車でも車でも30分弱のところに、埼玉の有数の観光地、小江戸川越があります。

駅前の商店街から、江戸情緒いっぱいで、散策するだけでも良いですし、名物のさつまいもスイーツやうなぎなどの美味しいお店もたくさんあります。

そんな川越でおすすめなのが、美術館巡り。あまりイメージないかもしれませんが、川越市内には、川越市立美術館、山崎美術館、ヤオコー川越美術館、嵐山記念美術館といったいくつもの美術館が点在しています。

また、美術館以外にも、川越市蔵造り資料館、芋菓子の歴史館、舟運亭むかし館など、小江戸川越の歴史が分かる歴史館もあり、1日中たっぷりと江戸を感じることができますよ。

帰りは、名所の時の鐘を眺めながら、食べ歩きをするお店巡りをおすすめします。心もお腹も満たされることでしょう。

川越市  最寄駅:JR川越駅など