ソーシャルディスタンスを守れる=移動図書館

浦和の暮らし

2020.10.27 UP

ソーシャルディスタンスが普通になってきて、これまで当たり前のように行っていた場所も最近あまり行っていないなんてことも多くなってきましたよね。

コロナはしばらく終息する気配はなく、このソーシャルディスタンスの生活に慣れなきゃいけないとは思うものの、なかなか元通りの生活が懐かしく思えたり。

最近、行かなくなった場所のひとつに「図書館」も入りませんか?

どうしても不特定多数の人が訪れていて、室内であることを考えると、いくら換気をしていて、ひとりひとりが消毒などケアをしていても、やっぱり心配で行きづらい人多くないですか。

図書館に行かずとも、家の近くに図書館が来てくれる「移動図書館」。浦和ではさいたま市になる前、浦和市時代からずっと続けています。

2tトラックを改造した車両だけなので、本の数はそこまで多くないのかなと思いがちですが、実際移動図書館に行ってみると思ったより本の多さにビックリ!特にお子さん用の本はたくさんあるので、子どもを連れて知的好奇心をビンビンに刺激させたいですね。

さいたま市緑区の井沼方公園など、さいたま市内の各スポットにそれぞれ2週間に1回ペースで訪れるので、毎回2週間で読破するペースも生まれますし、ソーシャルディスタンスを守って本もたくさん読めますよ。

さいたま市緑区東浦和  最寄駅:JR東浦和駅から徒歩5分
※井沼方公園