和洋折衷の浦和のお菓子

浦和の暮らし

2020.11.06 UP

浦和はケーキ消費量日本一の街で、有名ケーキ店も多くある、まさにケーキの街ですが、同じスイーツの和菓子も老舗店がいくつもあります。

やはり、江戸時代浦和宿という宿場町で栄えていただけあって老舗店が多いのです。

そのなかのひとつ、浦和の地元民に長年愛されているのが「花月庵つくば」です。

かりんとうやどら焼きなど、the和菓子も良いのですが、花月庵つくばの最大の特徴は「和洋折衷」。

生クリームにバナナ、イチゴ、ブルーベリー、抹茶、栗という6種類の餡が楽しめる「生クリーム大福」、ひとつひとつ職人の手で丁寧に焼き上げた、厳選した小麦粉、バター、卵を使ったその名も「うらわバーム」(バームクーヘン)など和と洋を融合したネオ和菓子が絶品なのです。

和菓子よりケーキなど洋菓子派という若い人であっても喜ばれる味だと思いますよ。

また、浦和土産として重宝するのが「浦和サッカーの街」(おまんじゅう)。

中は淡白な白あんにたっぷりと卵黄を練り上げた黄身あん、外はしっとりと焼き上げたカステラ生地のまさに和洋折衷のおまんじゅう。

そして、サッカーの街浦和を象徴するサッカーボールの焼き印が真ん中に。

帰省をしたときに、自宅でおやつにでも、日本茶だけでなく、コーヒーや紅茶にもベストマッチですよ。

さいたま市緑区原山  最寄駅:JR浦和駅からバスで15分